予防歯科・小児歯科は加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/加西市の予防歯科・小児歯科対応の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニック

ネット診療予約
予防歯科・小児歯科
トップページ > 診療メニュー > 予防歯科・小児歯科
予防歯科について
予防歯科の重要性加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、8020運動を実施しております。

8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。

実際、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

なぜならスウェーデンの人々は、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れの除去や歯や歯ぐきの健康チェック、そして予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。

予防歯科を受けて歯を大切にするという習慣が普通であり、これはアメリカやヨーロッパ各国もほぼ同様です。それに対して日本人のメインテナンス率は約2%です。しっかり定期的に予防歯科(メンテナンス)を受けることによって、天然歯で一生過ごせることが可能になります。オーラルケア用品

また、日本はデンタルリンスの使用率が低いとの報告もあり、加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、デンタルリンスとして、右の写真のような「コンクール(オーラルケア用品)」関連製品や最近では「ナノデンタルα」などの新しい製品を患者様に進めて好成績を得ています。

下記に、予防歯科の必要性や予防歯科に関係するPMTCについて掲載しておりますので、是非、詳細をご確認下さい。

予防歯科・小児歯科は加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/加西市・予防歯科・小児歯科


PMTCについて
PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。

PMTC

30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。

PMTC歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。

使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。 気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

【PMTCでしか清掃できないところ】

1.歯と歯の間
鏡を見ながら磨いていても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケア。

2.歯と歯肉の境目
自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。

このように、歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができます。
加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、患者様の歯を健康に保つために、患者様に最も適した予防プログラムを作り、PMTCを行っています。

予防歯科・小児歯科は加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/加西市・予防歯科・小児歯科


小児歯科について
小児歯科 『子供の歯は生え変わるから虫歯になってもいいわ』
なんて思っていませんか?

乳歯期は、永久歯になるための準備段階であり、乳歯期に虫歯の多い子は永久歯にも必ず虫歯になると言っても過言ではありません。

また、乳歯期によく噛むことで、知能の発達、あごの骨の成長、豊かな感情、正しい咬み合わせが促進されます。虫歯の少ない健康な永久歯をお子様に残してあげませんか? 小児歯科は、お子さんの虫歯を治療するだけではありません。お子さんの健やかな成長を、歯科医の立場から応援していきます。虫歯が1本もないときから受診をはじめ、親御さんと一緒になって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたいと考えています。

また、加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックのお子様の治療方針は「対話による"仲良し治療"。」です。小さいときの体験がトラウマとなれば、歯医者嫌いの子どもや大人にしてしまいかねません。その為、当院では抑制治療(抑えつけての治療)をできるだけ避けるように心がけております。

ただし、お子様の虫歯の状態がかなり深刻な場合は、これに限りません。このような場合に"仲良し治療"を続けるがあまり、治療がなかなか進まなければ、手遅れの事態になりかねないからです。

ですから、お子様が泣かれたときでも、早く健康な歯の状態にすることを第一に考え、治療にあたることがございます。

「ごめんね。痛いの我慢してね。もうすぐ終わるからね。」と心を込めて治療を行ないますので、お母様も治療が終わった後は「よく頑張ったね。」とお子様をほめてあげて下さい。

加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、フッ素塗布にも対応しておりますので、是非、下記も併せてご確認下さい。

小児歯科・フッ素塗布は加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/加西市・小児歯科・フッ素塗布


フッ素塗布について
フッ素による予防フッ素(元素記号[F])は、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の一つです。化合力が非常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろは動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれており、私たちは、毎日食べ物や飲み物からフッ素化合物を身体に取り入れています。フッ素や人間の身体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素なのです。

フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタート)の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対してより強くなります。つまり、フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると一度脱灰した部分の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。最近の研究では、この再石灰化促進力の方がむし歯予防効果としては大きいといわれています。

フッ化物の塗布は、専門家である歯科医師や歯科衛生士が行います。
フッ化物を塗る時期も、「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、具体的に「いつ」「どのように塗るか」については、歯科医師に相談します。
子どもの頃は、次々と乳歯が抜け、新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年に2〜6回くらい塗るのが適当です。フッ化物ゲルの塗布以外では、フッ化物溶液で綿球を使った塗布法が多く用いられています。

ちなみに、歯ブラシでゲル状のフッ化物を塗る方法は、いろいろあるフッ化物塗布法のなかでも、歯ブラシのため不安感もやわらぎ、短時間ですむので特に幼児に向いています。

加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、フッ素塗布にも対応しておりますので、ご興味がおありの方は、是非、竹中歯科クリニックへご来院下さい。

小児歯科・フッ素塗布は加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/加西市・小児歯科・フッ素塗布


  • 受診申込書のご案内
  • 大人用受診申込書
  • 子供用受診申込書
  • データをご覧になるには、無料ソフトのアクロバットリーダーが必要です。
  • 歯科衛生士 加西市求人情報
  • 加西市の歯科医院(歯医者)竹中クリニックの携帯サイト

加西市の歯科医院(歯医者)
竹中歯科クリニック
西脇市・加東市からもすぐ

加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、上記の科目のように保険診療の一般歯科(虫歯治療・歯周病治療・歯内治療・義歯、入れ歯)や小児歯科、予防歯科 だけでなく、自費治療の矯正歯科、小児矯正歯科やインプラント、審美歯科まで幅広く対応しております。
歯のことで、何かお悩み・お困りごとがございましたら、加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへご来院下さい。
各種保険取扱い
加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニック/往診対応の加西市・歯科医院(歯医者)インプラント・矯正歯科・小児矯正歯科・口腔外科・ホワイトニングなど対応
西脇市・加東市・多可町・福崎町・神河町・市川町・朝来市・姫路市・加古川市・小野市からも近い歯科医院(歯医者)