インプラントは加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/インプラント治療対応の加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニック

ネット診療予約
インプラント
トップページ > 診療メニュー > インプラント
インプラントについて
インプラント歯を失って悩んでいるあなたに新しい解決法を提供するのが、インプラント(人工歯根)治療です。

従来の治療法の義歯(入れ歯)やブリッジと呼ばれる治療法ですと、健康な歯を削ったりするなどして失った歯の治療を行っていましたが、インプラント治療は無くなった歯の部分にネジ状のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、人工の歯根を作り顎の骨と結合させることで、天然の歯とほとんど変わらない噛む力と、噛む感触を取り戻すことができます。

また、失った天然歯に近い、美しい見た目も取り戻すことができます。

当院では、世界シェアトップのノーベルバイオケア社のインプラントを使用しております。

インプラントは加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/インプラント治療対応の加西市の歯科医院


インプラントと従来の治療法との比較
インプラントと他の治療法との比較

インプラントは加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/インプラント治療対応の加西市の歯科医院


インプラントの治療の流れ
インプラントの治療の流れ ノーベルガイド詳細

インプラントは加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/インプラント治療対応の加西市の歯科医院


ノーベルガイドについて
ノーベルガイドはコンピュータガイドシステムによるインプラント治療です。 手術の時に殆ど歯ぐきを切らずに、インプラント治療ができるため、より安全で低侵襲なインプラント治療方法と言えます。

ノーベルガイド通常は、インプラントを埋め込むには、歯茎を切って、骨を露出させてから、埋め込む位置を決めますが、ノーベルガイドは、コンピュータ上で CTデータを基に正確なインプラント治療計画を立て、できあがった治療計画からCAD/CAM(キャドキャム)の技術でサージカル・テンプレートを作り、このサージカル・テンプレートを使用して、殆ど歯茎を切開せずに、小さな孔を開けてインプラントを正確に埋入できるのです。

つまり、 ノーベルガイドは3Dシミュレーションソフトを使用して、治療計画から埋め入れまでの一連のインプラント治療をより安全で、正確にサポートするシステムであり、インプラントの手術の時に、殆ど歯ぐきを切らずに、インプラントを埋め込むことができるので、患者様の負担を軽減した安全なインプラント治療方法です。

ただし、ノーベルガイドは、高度な技術を必要とする為、一部の医院しか普及しておらず、通常のインプラント治療費以外に別途費用がかかります。また、すべてのケースで対応できるわけではございませんので、ご希望の方は、まずはお気軽にご相談ください。

尚、骨造成をしなければならないケースに関しましては、歯茎を切開する必要性がありますので、その点、予めご了承下さいませ。
ノーベルガイド3大特徴
Step:1 CTスキャン

CTスキャン口腔内にラジオグラフィックガイドを入れながらCTスキャンを行い、治療計画およびインプラント埋め入れ手術をガイドするサージカルテンプレートの作製の基礎として使用します。

Step:2 コンピューター上で治療を計画

ノーベルガイドCT撮影データから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラントの埋め込む位置を計画します。

埋め込むインプラントのサイズや角度、深さ等をソフトウェアでシュミレーションします。

また、口腔内にラジオグラフィックガイドを入れながらCTスキャンを行い、治療計画および、インプラント埋め入れ手術をガイドするサージカルテンプレートの作製の基礎として使用します。

ノーベルガイド

Step:3 サージカルテンプレート作製依頼

ノーベルガイド
上記で、シュミレーションした通りにオペができるように、3Dシミュレーションソフトで設計した治療計画をノーベルバイオケア社へ送り、専用の技工所で精巧なインプラント埋め入れ手術ガイドであるサージカルテンプレートを作製依頼します。

Step:4 インプラント埋め入れ手術

ノーベルガイド治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、上記で完成したサージカル・テンプレートをお口に取り付けます。
そして、インプラントを埋め込みます。

インプラントを埋め込んだ日に仮歯をつけて帰宅できる場合もあります。

Step:5 最終的な歯の取り付け

ノーベルガイドインプラントと骨が結合している良好な状態を確認した後、最終的な歯を取り付けます。

※ノーベルガイドは安全・安心なインプラント治療を
 サポートするためのシステムです。インプラントの手術は
 様々な方法があり、必ずしも本内容等同一とは限りません。

インプラントは加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへ/インプラント治療対応の加西市の歯科医院


再生治療
他の歯科医院でこのようなことを言われたことはありませんか?

“骨が無い為インプラントは不可能です”

インプラント手術は、あごの骨に装置を植え込み固定させています。
ですので、土台となる骨が少ない場合手術を行うことができないのです。
もともと日本人は欧米人に比べて骨の厚みや高さが少なく、また、歯周病などであごの骨が薄くなってしまい、入れ歯(義歯)を長期間使うことによってあごの骨が薄くなってしまいます。

この対処法として、加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは骨移植を行うことにより、大体の症例に対処出来るようになりました。代表的な方法としては以下の3つがあります。
サイナスリフト法

上の顎の奥歯に骨が無い場合は上顎洞を上に押し上げて骨を造り同時にインプラントを植える事が出来ます。これをサイナスリフト法と言いますがこの場合、骨が固まりまたインプラントと結合するまでに約6ヵ月の期間が必要です。

GBR法

歯周病などで元々の骨が少なくなってしまっている場合には、インプラントを植えた後に十分に骨が出来るようインプラント周囲に骨を盛っていきます。
これをGBR法と言いますがこの場合には約4〜6ヶ月の期間が必要になります。

ブロック骨移植

入れ歯(義歯)を長期に渡り使用していた場合は非常に骨の幅、高さ共に少なくなってきます。その場合には全体に骨を造成する必要がありますので、ご自身の骨がある部位からある程度の大きさを取ってきて骨が無い部位に移植します。
これをブロック骨移植と言いますが、これはインプラント治療と同時には出来ませんので、まずこのブロック骨移植をして4ヶ月してからインプラントを植える事になります。

  • 受診申込書のご案内
  • 大人用受診申込書
  • 子供用受診申込書
  • データをご覧になるには、無料ソフトのアクロバットリーダーが必要です。
  • 歯科衛生士 加西市求人情報
  • 加西市の歯科医院(歯医者)竹中クリニックの携帯サイト

加西市の歯科医院(歯医者)
竹中歯科クリニック
西脇市・加東市からもすぐ

加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックでは、上記の科目のように保険診療の一般歯科(虫歯治療・歯周病治療・歯内治療・義歯、入れ歯)や小児歯科、予防歯科 だけでなく、自費治療の矯正歯科、小児矯正歯科やインプラント、審美歯科まで幅広く対応しております。
歯のことで、何かお悩み・お困りごとがございましたら、加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニックへご来院下さい。
各種保険取扱い
加西市の歯科医院(歯医者)竹中歯科クリニック/往診対応の加西市・歯科医院(歯医者)インプラント・矯正歯科・小児矯正歯科・口腔外科・ホワイトニングなど対応
西脇市・加東市・多可町・福崎町・神河町・市川町・朝来市・姫路市・加古川市・小野市からも近い歯科医院(歯医者)